お薦め

同程度のものと比較して値段が安く設定してあるような車は要チェック

安い値段が設定されている場合には、安くてもいいから売り切ってしまいたいという、販売者側の意図があることもあります。
同年代の車と比較した時に値段が大幅に安い設定の場合には、注意してその理由を販売者に訪ねてみるのもいいかと思います。

同じ年式の同じ車種の中古車が2代並んでいるとします。
値段が少し違います。
「どうして同じ年式なのに、同じ車種なのに値段が違うの?」
そう感じた中古車は要注意です。
値段が安くなっているということは、それなりの理由があります。
修理した痕跡があったり、事故車だったり、冠水車、塩害車だったりとその要因は様々です。

値段が安くなっている理由をきちんと明白に販売店へ聞いてみましょう。
その2台が同じ中古車販売店であれば、その理由は明白に出てきますが、もし違う販売店で値段に差がある場合は、その中古車販売店の利益の部分もありますから、
きちんと理由をそれぞれ聞くか、
「あちらのお店でこれと全く同じ車が○○円で販売されていたんですよね。なんでこちらのほうが少し高いんですか?」
と、さりげなく聞いてみると、
「あちらでその値段だったのであれば値下げしますよ」といったようなことになることもしばしばです。

値段の交渉でこれ以上こちらの車の値段は下げられませんよとなった場合には、安い方の車にはなにか問題が有り、安くても売ってしまいたいという販売者側の意図も
あるかもしれません。
その場合には注意したほうがいいでしょう。
このことは、購入者側が販売者側の裏の心理を探りながら購入を検討していくしか方法がないので、購入者側のほうで、気をつけなければならないことですから、
色々と考えなくてはいけないこともありますし、慎重になったほうがいいことかと思います。

とにかく出来るだけ安く手に入れたいというお気持ちもわかりますが、やはり車にも相場というものがありますし、相場を大きく下回る金額の中古車には
それなりの理由があると思うのです。
それなりのものがあっても、それでもこの値段で購入したい!というのであれば、何も言えることはありません。
しかし、納得のいく中古車を選びたいということであれば、上記の内容を十分に理解して、購入に踏み切っていただきたいと思います。
安すぎるものを購入するということは、それだけハイリスクだということも忘れないようにしてください。