お薦め

「冠水車」と「塩害車」の見分け方

塩の被害に遭っている車は、サビが出てしまいます。
車にとってサビがたくさん出るのは致命的ですし、車の寿命を大幅に短くしてしまいます。
どうしてサビがでてしまうのか、どうしたらサビの少ない中古車を選ぶことができるのかを考えていきましょう。

「冠水車」というのは、台風や洪水などで浸水してしまった車のことをさします。
ただ、「冠水車」といっても、どの程度浸水してしまっているのかということが分かりません。
基本的に「冠水車」は購入しないというのが一番望ましいです。
まず最低限ですが、年式は古いのに同じくらいの年式の車と値段を比較した時に安く売られている車というのは、まず注意したほうがいいでしょう。

もしエンジンまで水浸しになってしまっている「冠水車」の場合、いくら冠水した時にエンジンが止まっていたからとは言っても、
どの程度エンジンに汚れた水が浸水してしまったか、ということはわかりません。
エンジンに水が入ってしまうということは致命的なダメージですから、例え購入時になにもなかったとしても、必ずあとからトラブルの原因になってしまいます。

そして「塩害車」ですが、読んで字のごとく、自然に発生している「塩」による被害を受けている車のことです。
海の近くを走っている車、海の近くに住んでいた人の車などがそれに該当します。
ちょっと海の近くを走っただけでも、塩の被害に遭うことはあります。

さらにもう一つ。
沢山の雪が降る豪雪地帯の車です。
「あれ?雪には塩は入っていないでしょ?」と思うかもしれませんが、雪を溶かすために使われる融雪剤に塩が含まれているのです。
雪は塩分があると溶けるのです。
ですから、豪雪地帯の道路を走っているとこの融雪剤から塩分を取り込んでしまうのです。
塩分がどのようなダメージをあたえるのでしょうか。

冠水者と塩害者に共通して起こるダメージは「サビが発生すること」です。
車は鉄のかたまりですから、サビは車にとって一番大きなダメージだということは、お分かりいただけると思います。
ブレーキ周りなどにもしサビが多く出ている場合、これは中古車云々というだけではなく、運転する人間の命にも関わってくることになりますから、十分に注意しなければいけません。
サビが出ているかどうかを一番見れる場所は、エンジンルームを開けて、ボルトがある部分を見てみましょう。
そのような場所がサビが出やすいからです。

もう一つはアクセルペダルとブレーキペダルの部分です。
ここもサビが出やすい箇所です。
車のしたを覗き込んでサスペンションやマフラーを見てみるのもいいでしょう。