お薦め

車の廻りを1周してみよう!

気に入った中古車を見つけたらまずその車の周りを一周してみましょう。
サビなどが目視出来る場所に出ていないか、付いている傷が自分の許容範囲なのかしっかりと目で見ることが大切です。

中古車でいいなと思うものがあった時には、まず車の廻りを1周してみましょう。
もちろん中古車ですから、新車のように無傷ということはまずありません。
これは致し方のないことです。
車の廻りを回ってみた時に、この中古車を購入するにあたり、その傷は自分で許せる傷なのかどうかということを、気持ち的に考えてみましょう。
どうせ、自分が載っていればここは傷つくところだから・・・と気持ち的に許せるのかどうかというところも、考えていかなければなりません。

車の周りを回りながら、車の下も覗いてみてください。
サビが出ていたりしませんか?
マフラーがサビで落ちてしまいそうになっていたりしていませんか?
車の傷からもサビはどうしても出てしまいます。
どんなに小さな傷でも、塗装が完全に取れていて、鉄のボディーが少しでも見えてしまっているところからはサビてしまうものです。

その中古車を販売しているディーラーに
「このサビは購入する前に落としてもらうことは可能ですか?」や
「この傷は購入前に綺麗に修復してもらうことはできますか?」など聞いてみることも大切です。

ディーラーによっては、小さな傷であれば無料で販売前に直してくれるところもあります。
ディーラーで直してもらえない場合には、購入後にご自分で修理をしてから・・・ということもありますので、購入金額にその修復の金額が負担として掛かってくる場合もあります。
更に、車の周りを1周回ってみることで、バンパーの色が少し違うとか、この部品だけ少し新しい感じがする、などという修理の痕跡を見つけられることもあります。
ここが、1周してみようという事の、大きな注目点になります。
タイヤの状態も、中古車を購入してすぐに取り替えなければならないのかも見ておかなければなりませんね。
また、車を大切に乗っていた方や、カスタマイズが好きな方でご自分でカスタマイズをする方もいらっしゃるので、純正でない部品が車に取り付けられていたりもします。
このあたりも自分で目で確認する必要もあります。

中古車購入とは言え、決して安い買い物ではありませんから、細かい傷など、購入後に気がついて泣くようなことがないように、自分の目でしっかりと見て、
納得した上での購入ができるように心がけておいてください。