お薦め

メーター改ざん車の見分け方

少しでも中古車を高く売りたいと考える人がほとんどだと思いますが、車のメーターを改ざん(巻き戻し)してまでもという人間がいるのが現実の世の中です。
故障の少ないいい車選びをするために、自分でチェック出来ることは手を抜かないようにしましょう。

中古車を購入するときに一番気をつけたいのは、メーターの改ざん車を掴まないということです。
距離が少ない中古車は、売値も高いです。
ですから、沢山距離を乗っている車のメーターを改ざん(距離を偽るためにメーターを巻き戻すこと)して、少しでも高く車が売れるように細工をする人間がいることは現実です。
このメーター改ざんは中古車販売の業界でもかなりの問題になっていることでもあり、中古車販売のディーラーの方たちも、この改ざんを見抜くために必死に色々な手立てを講じていますが、
実際には巧妙に改ざんされたものはディーラーでも見抜けないことがあるようです。

どのように見抜くのかということなのですが、車には必ず「点検整備記録簿」があり、点検整備記録簿の見方を知っていれば、メーターが改ざんされている車の購入を
未然に防ぐこともできます。
では、点検整備記録簿のどこをどのように見ればそれがわかるのでしょうか。

この点検整備記録簿というのは、整備を実施した日付及び場所が記載されています。
この記録簿に書き込むのは整備を担当した人間ですので、この記録簿を改ざんすることはできません。
この記録簿の一番下の欄にその時の走行距離が記されています。
この走行距離は整備を実施した日に、走行距離がこのくらいでしたよということが記されていますから、この走行距離とその時に日付からメーターを改ざんしているかどうかを
見抜くことができるのです。

点検整備記録簿は、車が点検に出されるたびに1まいづつ増えていきます。
すべての記録簿を日付順に並べ、走行距離が遅い日付のものよりも増えていることがないかをまずチェックしましょう。
そして一番最新の記録簿に記載されている距離数よりも、現在のメーターの走行距離が短くないかを調べましょう。

たったこれだけの作業なのですが、意外とこれで不正が発覚するというケースが少なくありません。
もし少しでも「おかしいな」と感じた時には、どんなに気に入った車でも購入を見送る勇気も必要です。
ほんの少しの確認作業でも、中古車の購入には非常に大事なことですので、ぜひこの部分に関しては確認作業を怠らないようにしていただきたいです。