お薦め

「修理歴」が有るか無いかを確認

中古車の購入の際には、修復歴があるかないかを知ることが重要ですが、プロでもなかなか見分けることが難しいとされています。
わかる範囲内での修復歴はきちんと把握してから車の購入をするようにしましょう。

中古車を購入するとき、その車に修理をしたことがあるのかどうかを見ることは、大切なポイントです。
自転車とぶつかってしまったが、そんなに大きな損害はなく、バンパーに傷が付いたからバンパーを修理しているというのは、修理歴があるというだけで、
その車が過去に事故をしたということではなく、修理をしたという履歴が残るだけです。
私たち一般人にとっては、これは「事故」だとおもいますが、車の販売をしている人にとっては事故ではないのです。

今回のおはなしの修理歴というのは、ネジやボルトのような部品の交換のことではなく、凹んでしまったから板金をしたということや、
エンジンの調子がおかしかったから交換したり、ファンベルトが切れてしまったから交換した、などのように、「交換」がされているもののことを指しています。
但し、バックパネルやバックフェンダーなどは交換をしても修理歴と呼ばれていないという例外がありますので、十分に注意をしてください。

この修理歴は、点検整備記録簿に記載されていることも多いですので、車のご購入を検討される時には点検整備記録簿には、必ず目を通しましょう。
更に、中古車販売会社の職員に、どのような修理歴があるのかを確認することも忘れずにしましょう。
この時、「それはどのような修理だったのですか?」ときちんとその修理内容を聞いてみましょう。
その修理履歴をきちんと説明ができない車は、選ばないというのがポイントです。
販売している中古車会社が把握できないような修理をしているということになりますからね。

修理歴にあっても問題ないところの修理をしている車はたくさんあります。
その場合には購入する検討に入れてもいいかもしれませんが、
「こんなところを修理しているようでは、購入はオススメ出来ないな」というような箇所を修理している車もありますので、どこをどのように修理しているのかを
きちんと把握してから購入する検討に入れるように心がけましょう。

修復履歴がきちんと紙に記載されて残っていればいいのですが、残っていないこともたくさんあります。
プロでも綺麗に修復されてしまっていると見分けることはほぼ不可能と言われています。