お薦め

事故車の見分け方

事故を起こした車を選んでしまわないために、どのようなことが有効であるのか。
事故車を購入してしまわないようにするにはどのようなことに注意すればいいのかを本文中で説明しています。

「事故車」というと、連想するものは、交通事故にあっていたり、どこかにぶつけていたりということですよね。
車のどこをぶつけていても、どこかにぶつかっていれば、事故車だと連想してしまいがちですが、中古車販売会社の言う事故車というのは、
車のどの場所がぶつかっていても事故車と呼ぶのではなく、「車のフレーム部分を修理していること」を事故車と呼んでいます。
ですから、ドアの塗装を塗り替えてあっても事故車ではありませんし、バンパーを修理していても、事故車ではないのです。

事故車を見分けるのはプロの方でも相当難しいと言われています。
正直な話、事故車を100%見分けられる人は、プロでもいないのではないでしょうか?
プロの方でも見分けるのが難しい事故車かどうかを、素人の私たちが見分けるのは到底無理な話です。

事故車を購入してしまわないようにする最低限に守らなければいけないことは、悪徳業者からは購入しないという点が絶対条件です。
少しでも安く購入しようとするのは気持ち的にわかりますが、リスクは高くなります。
まずは、1台1台の車に対してきちんとした管理を行っている販売会社からの購入を考えるということです。

大きな中古車ディーラー会社だから大丈夫、というわけではありません。
小さな会社でもきちんとした車を納入している会社もたくさんあります。
大きなディーラーで購入しても粗悪な車が届いてしまうこともしばしばあるからです。
ですから、車の購入を考えたときには、まず車を見ることよりもその販売店を注意してみてみるようにしましょう。
プロでも見抜けない事故車を素人が見抜く勉強をいくらしたところで、100%見抜けないのですから。

騙すつもりはなくても騙されてしまうことも多々ある中古車選び。
事故車を購入してしまわないように最大限注意するように事故車を販売しているような会社で買ってしまわないように未然に防ぐ(防衛する)心構えが必要であると思います。