お薦め

自社整備工場が完備されているか?

契約しようとしている中古車販売会社があるとします。
その会社が自社整備工場を持っていますか?
併設されているとしても、その整備工場は国から認可が降りている整備工場なのか、そうではないのかで、信頼度が違ってきます。
中古車購入の際には確認しましょう。

中古車販売をしている会社で中古車を購入する方がほとんどだと思いますが、その中古車販売がい者には、自社整備工場が完備されているかどうかによって、
中古車の見極めに大きく差が付きます。
中古車販売をしているからといって、クルマノメカニック全てに精通しているという考え方は間違っています。
私たちのように車に関して素人の人間が、明日から中古車を突然販売しますと言って、中古車を買い揃え、中古車販売会社をオープンすることは可能なのです。
その中古車販売会社は、本当に車のことについて精通しているかどうかなどということは、私たちにも非常にわかりにくいですよね。

さて、整備工場完備の中古車販売店で購入したとしても、その整備工場には数種類がありますので、こちらも注意が必要です。
整備工場でよく目にする認可は「認定工場」と「指定工場」です。
これは、国から認可を受ける者になります。
整備工場というのは、道路車両運送法で定められた「分解整備」が出来るのか、出来ないのかという違いになるわけですが、
この「分解整備」ができるのは、「認定工場」と「指定工場」を、国から認可されている工場のみとなります。

この分解整備というのがどんなものかを簡単に説明すると、エンジンを脱着したり、ブレーキを分解して修理すると言ったような、車から外して故障箇所を治すといったような作業を
意味します。
従ってこの認可を受けていない整備工場の場合には、「分解整備」ができない工場ですから、そのような整備工場を自社で持っていたとしても、車検などの、
国で定められている整備はすべて自社では行っておらず、外注として、ほかの会社へ車を運んでいるということになります。

これでは、その時に頼んだ作業をきちんとこなしてもらえるのかどうか、作業の内容に食い違いが起きるのではないか?
金額が安く済んでいるのか、などの疑問が残ってしまうことになります。
その会社の自社整備工場がきちんと認可あるいは指定を受けているかどうか、車を購入する際にはきちんと聞いておきたいところだと思います。